ホームページ作成: 2008年9月アーカイブ

パンくずリストについて

|

ホームページを作る際、各詳細ページには「とりあえずメニューからたどり着ければ良い」と思って適当に作ってました。
しかし友人から私の作るサイトはサイト内の移動が面倒だから「パンくずリスト」を作った方が良いと言われました。

「パンくずリスト」とは、童話『ヘンゼルとグレーテル』で、主人公が森で迷子にならないように歩きながらパンくずを置いていった、というエピソードからサイト内を迷子にならない様にという意味で名付けられましたものです。

実際にどういうものかというと

トップページ > ホームページの作り方 >  パンくずリストについて

の様に階層を表示したものを各ページの上部などに配置し、それぞれのテキストにリンクを貼る事でサイト内を巡回しやすくしてくれます。

また「パンくずリスト」を作る事で、ユーザーがサイト内を閲覧しやすくなるというメリットだけでなく、検索エンジンもサイト内を巡回しやすくなりSEO的にも有利と言われています。

ちなみにブログによっては自動的に「パンくずリスト」を作ってくれるので、そういう事もブログを使用するメリットの一つです。

スタイルシートについて

|

ホームページを作り始める際に本を買い、本の通りに作っていましたが、その本には「サイトの枠組みを作るにはテーブルを用いて最初にレイアウトを決める」とあったのでずっとテーブルを用いてホームページをいくつも作ってきました。

しかし最近ではテーブルを用いずにスタイルシートを用いてサイト作成するのが主流になっている様です。
今までのテーブルを用いたサイトのままでもたくさんの人は見に来てくれるし良いかなとも思いますが、乗り遅れてるのではないかと思うとやはり気になってしまいます。。

そこでネットなどで調べてみると「WEB標準」という言葉がある事に気付きました。
まだ勉強中ですがWEB標準に準拠したサイトはアクセシビリティやメンテナンス性、SEO(検索エンジン対策)等について有利な様です。

最近友人のアフィリエイターの勧めでDreamWeaverでスタイルシートを用いてのサイト作成について解説している本を買ったので、これからは少しずつ色々と勉強していきたいと思います。