日本の国債下がる

|
日本の国債の格付けがAAAマイナスに格下げになったそうで、アメリカの格付け会社の評価です
このところの日本の予算の国債に対する依存度が高まっているのを見てアメリカの格付け会社の評価が下がったのです。
日本の評価が下がるのは気持のいいものではありません。
このところの円高がこの評価を受けて円安になったそうで、ある意味でいいこともあったのです。
それは輸出企業にとって、評価以上の円高は困るでしょうから。 それにしても外国に「消費税上げて財政収支のバランスを
良くしろ」と言われたようなものです。
いよいよ消費税15%でしょうかね わたしは消費しない、 寝て過ごしましょうか。