流行語大賞 斉藤祐樹投手の「何かをもっている」

|
斉藤投手は何かと注目を浴びるひとです
高校生の甲子園では「ハンカチ王子」として有名になりました
その後名門早稲田大学で活躍して第100代主将になりました
第100代主将と番号が判るだけでも 100年間の系譜が判明
している名門野球部です
そして今年日本ハムに1位指名されて札幌でも ブームを
起こしそうです
日本ハムは斉藤投手が来ただけでも50億円の経済効果だ
といっています。
日本ハムが売れる相乗効果が出るのではないでしょうか

そしてまた流行語を造りました。
神宮での優勝インタビューで語った言葉です
「斉藤は何かを持っている」と云われていましたが確かに
持っていました それは仲間です」
「何かをもっている」が流行語です